やりがいのある仕事!機械設計に必要やスキル・資格

>

あると有利!機械設計の資格について

機械設計技術者試験のススメ

機械設計に転職を検討している方に、ぜひおすすめしたい資格が機械設計技術者試験です。この資格は民間の認定資格で、家庭で使われる家電や日用品から始まり、工場やプラントで使われる大規模は機械の設計知識が学べます。
3~1級に分かれていて、3級は応募資格が無く誰でも受けられるので学生の内から資格取得する方も多くいます。2級からは工業系大学の卒業であれば実務経験3年以上、それ以外は実務経験が6~7年が応募条件となります。
1級は更にハードルが高く、2級取得後に実務経験を4年以上積まなければなりません。難易度もかなりのものですが、1級まで取得していると多くの企業からスカウトされる可能性もありますので、取得していて損はありません。

CAD利用技術者試験はマスト?

CADと言う言葉を聞いた事のある方は多いと思いますが、そのCADを正式に使えると言う認定資格がCAD利用技術者試験です。単にCADを使える方は多いのですが、実際に使える事を証明出来るので転職の時にも非常に便利です。
ちなみにCAD利用技術者試験にも2次元(平面)、3次元(立体)と種類があります。2次元は基礎・2級・1級に分かれ、1級は更に機械・建築・トレースと言う分野に分かれています。
3次元は2級・準1級・1級に分かれ1級が最高ランクです。どちらの種類も1級資格保持者は数多くありませんので、機械設計業界の門を叩く際には取得しておくとライバルに差をつける事が出来ます。
資格ではありませんが、機械設計に関する書籍なども多く発売されているので、目を通すのも良いです。


このコラムをシェアする