やりがいのある仕事!機械設計に必要やスキル・資格

>

機械設計ってどんな仕事?

4つのステップから構成される仕事内容

概念設計・基本設計・詳細設計・生産設計の4つのステップから成り立つ機械設計は、1つの機械を作るまでにかなりの時間を要します。
また機械の種類によっては専門的な知識が必要なので、イメージとしては研究者の様な感じです。「どんな機械を作るか?」という部分では、単に自分達が造りたい機械だけでは無く、どんな企業や人にニーズがあるのか?先を見据えて本当に設計して良いのか?といった様々な事を考えた上で設計する必要があり、広い視野と先を見据える力を必要です。
機械設計は機械に携わる業界で活躍出来る仕事で、ゼネコンや電機メーカー、機械設計事務所、公務員などに就職が出来ます。製造はこの先も無くなる事は無いので、おすすめの業種です。

やりがいのある仕事!

自分の設計した機械が、作られていく過程や世の中に輩出された時の感動は、言葉では言い表せない程です。実際に機械設計をしている方の多くは「製品が世に輩出される」喜びをやりがいだと感じている様です。1人で全て設計するのではなくチーム制で設計を行うので、時には衝突や和解もあり試行錯誤していくので達成感のある業種です。
ちなみに気になる年収についてはいかがでしょうか。平均年収は480~500万円で、全体平均の440万円よりもやや上回っています。
但し機械設計はキャリアを積んでいくほど給与に反映されやすいので、ベテランになると平均年収以上が期待出来ます。福利厚生もしっかりとしている企業が多いのも、機械設計の特徴の一つです。


このコラムをシェアする